シリーズ「忘れえぬ演劇研究者」。今年は、尋常小学唱歌「紅葉」「春が来た」「春の小川」「故郷」などの作詞で著名な国文学者・歌謡史研究者・演劇史研究者の斑山高野辰之(1876〜1947)です。以前書いた黒木勘蔵のお師匠様です。
歌謡史関係の論文が殆どなので、あまり例のない演劇史からの考察を行います。
高野辰之
(御影は、孫娘文子の夫芳賀綏監修『定本 高野辰之 その生涯と全業績』から拝借しました)。